一人暮らしの見分け方

出会い系サイトで運良く未亡人と知り合い、ねんごろな関係になってしまいました。
その未亡人は一人暮らしでしたので、彼女の自宅にちょくちょく出入りするようになり、非常に助かっています。
なぜかというと、ケチな話で恐縮ですが、ホテル代を浮かせることができるのです。
毎回のホテル代もばかになりません。
彼女の家にお寿司なんかを買っていき、テレビを見ながら食べたりすることもあり、落ち着いた食事は安らぎと癒しを与えてくれます。
もちろん、街に繰り出して賑やかに夕食をとるときもあるのですが、自宅でゆっくりした時の流れの中に身を置いての食事は何ともいえない癒しとなります。
ところで、未亡人との出会い、お付き合いをするに当たって肝腎なのは、一人暮らしなのか、同居者がいるのかです。
未亡人であっても、必ずしも一人暮らしとは限らないのは当然です。
亡き夫の両親と同居していたり、子供と同居していることもあります。
それをどのようにして確かめるかです。
露骨に「一人暮らしですか。」「遊びに行ってもいいですか。」は、いかにも体目当てと思われそうで、避けたいところです。
「門限はあるの?」も子供扱いしているようで、しっくりきません。
ここは性急に事を進めるのではなく、お付き合いを進めて相手の心を開いてくれるのを待つのが一番得策です。
それに、合う時間帯によって、同居者がいるかどうかはだいたい分かるものです。
同居者がいれば、会える時間帯は限られてきます。
未亡人との付き合い方は、じっくり焦らずにデートを積み重ねていくことが大切です。
体目当てと悟られればそれで終わりでしょう。慎重にいきましょう。

カテゴリー: 神待ち攻略 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です