メールでの心得

出会い系サイトで未亡人と出会ってメール交換をする場合、少し特徴的なことがあります。
未亡人といえば、かつて結婚していたわけですから、男性には慣れていると思うのが通常ですが、
必ずしもそうとも言えないということが分かりました。
出会いはメール交換から始まるわけですが、未亡人から来るメールが初々しくて、
まるで初恋の人を相手にメールを送っている女子中学生のようなのです。
むしろ、今どきの女子中学生や女子高生は、大人顔負けの発達度ですから、メールの内容などかなり過激です。
正しく例えるならば、二昔前の女子高生といったところでしょうか。
おそらく亡くなった夫との手紙の交換などに思いを馳せているのではないかと思います。
初めてのキス、そして彼の部屋に入ってからの出来事・・・そんなことを思い出しながらメールを書いているのでしょう。
とにかく初々しいのです。
そんなメールですから、簡単に返事を出しておけばいいやと考えてはいけません。
相手はこれでも本気で思いを伝えてきているのです。
こちらの思いもきちんと伝えなければなりません。
ただし、いきなりの下ネタは避けたほうがいいでしょう。
下ネタだけで拒絶反応を起こして嫌われてしまうかもしれません。
最終的には、Hに結びつけるわけですから、どこかで下ネタに踏み切らなければならないのですが、その時期が難しいのです。
メール交換中に切り出すか、実際に会ってからにするかは、なんとも難しいところです。
擬似恋愛を楽しんでいるところに、下ネタメールを送るのは避けたいし、
でも、その気がない人とだらだらお付き合いする気もないですよね。
私の場合は、下ネタを記載することは結局止めました。
じっくりと相手が心を開いてくれるまで待つことにしました。
なぜならば、彼女がたまに送ってくる初々しいメールに私自身が癒されているからなのです。

カテゴリー: 神待ち攻略 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です