メル友サイトからのアプローチ

メ-ルのみの意志疎通のメル友に於いては、双方外観はさほど関係無い、という意見もあります。

それより重要なのは、いかに相手を惹きつける文章を綴れるかが大きなポイントです。

それはメル友サイトで相手を見つける時も同じです。



魅力溢れる文章さえ綴れれば、この世界でモテモテになれる可能性大です。

文章力に自身があるなら、胸を張って挑みましょう。

文面から弱気が伝われば、モテモテとは行きません。

メ-ルを綴る際に気をつけるべき点は、どんなところなのか、少し検証してみましょう。

メ-ルに於ける失敗例でよく見られ、とりわけ中高年がやらかすのが「長文過ぎる」というパタ-ンです。

絵文字も顔文字も無い、真っ黒な原稿用紙みたいな画面では、読み手は読む意欲を失ってしまいます。



長文メ-ルは、自分の気持を一方的に押し付ける感じを伝えてしまいます。

読み手の負担を考える余裕を忘れずに行きましょう。



また、深刻過ぎる悩み相談メ-ルも、受け手にとっては困った着信となります。

メル友だからこそ話せる事も確かにあるでしょうが、その時点での両社の関係をしっかり把握した上で、悩み相談を届けるべきです。

相手の状況も思いやらず、いきなり長文で悩み相談を持ち掛けるのは、相手からすれば迷惑なだけです。

あらかじめ「今チョット構いませんか?」といった断わりを入れるのが礼儀でしょう。



絵文字も顔文字もゼロ、というのも嫌がられますから、適当なポイントで用いるように努めましょう。

どうしても抵抗があるのなら、音符マ-クなどの簡単な記号を用いるところから練習していきましょう。



あくまで楽しく、相手が返信しやすいメ-ルを心掛ける事が大切なのです。

カテゴリー: 違ったアプローチ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です