未成年には手をださないこと

神待ちサイトで女の子と出会った場合、あなたは「神様」です。
神様は大きな心と慈悲の精神に満ちています。
女の子の求めに応じて救いの手を差し伸べるのであり、神様は求めてはいけません。
女の子が隣で寝息を立てている、シャワーを鼻歌交じりで浴びている、
といったシチュエーションであったも、あなたは神様であり続けなければなりません。
しかし、あなたは人間である神様です。
神様らしからぬ考えが頭をよぎることもあるでしょう。
そんな時、間違っても覆い被さるような行動は神様にはあり得ないのです。
でも、女の子の方から求めてきた場合、
つまり、あっさりと「する?」「しないの?」などと聞いてきた場合、
それは女の子の求めですから、救いの手を差し伸べなければなりません。
神様としてはしっかりエチケットを守らなければなりません。
優しく接することが大切であり、女の子の嫌がることをしてはいけません。
求められれば別ですが。
最後に、女の子の年齢にはくれぐれも注意してください。
神待ちサイトの女の子は、少なからず年齢を偽っていることがありますから、
青少年保護条例に引っかかる年齢の女の子に救いの手を差し伸べることは絶対にNGです。

カテゴリー: 神待ち攻略 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です